旅物語

moguが訪ねた旅の記録です
<< ハワイに行って来た Part 信じられない出来事が・・・ | main | 中房温泉 >>

ハワイに行って来た〜Part 感激の結婚式

甥の結婚式でなんとハワイに行くことになりました。
ハワイは二回目、前回は友達とマウイ島・オアフ島に行きマウイ島とオアフ島の違いに驚いた事を思い出します。でも、今回はオアフ島だけの4泊6日の予定。旅行計画は甥に全てお任せだったので、直前になるまでどんな予定なのか知らずにいたのでした。

予定表を見てみたら、私達はジャルパックの「アブァ」、甥達は「アイル」で同じ飛行機で行きますが、アイルはアブァよりもランクが上らしくこの後もランクの違いが良くわかった扱いでした〜(^^;

地球 12月1日

家から兄夫婦・甥夫婦(入籍済み)と車で成田に向かいます。久しぶりの成田空港は閑散としていてびっくり、これが年末になると大変な人混みになるのでしょうね。JALウェイズ72便22:00発定刻に離陸、飛行機空いているかと思っていたがほぼ満席でした。現地時間12/1日9:50ホノルルに着いたらむっとしています。冬の日本からだから来たのだからかもしれないけど空もどんよりしていてハワイに来た〜って気がしません。後で聞いたらハワイはいま雨期だそうで納得。それでもお昼頃になると暑い日差しになってきました。

1
ホノルル空港に着いたときは曇り〜

2
昼になると青空になった。

空港で甥夫婦とは別行動になり、私達は空港から説明会場にバスで移動。免税店の中にある説明会場で説明を受けたのですが説明してくれる人が早口で良くわからないのよねぇ、毎日同じ事を時間内に言わなければならず必然的に早口になるのかしら。ここの会場でケイタイを借りる、借り賃は無料で通話料だけ取られるのですが、甥とはホテルが違うので連絡にとても便利でした。日本から持っていくよりも割安かも・・・説明を受けて免税店の中をぐるぐると回りながら1階に、これがまた下りるエスカレーターが離れていて結局お店の中をぐるぐる回って行くように出来ていて、すんなりとは出られないようになっているのですね。

私達のホテルはワイキキパークホテル、シェラトン・ワイキキの後にあり、甥夫婦は「ハレクラニホテル」新婚さん御用達の高級ホテルらしいです。私達のホテルとは道を挟んで隣同士。私の部屋〜ここにこれから4日間お世話なります。本当は姪と一緒の部屋の予定でしたが、仕事の関係で姪が来られず私の独り部屋となりました。

3
部屋の向かいはシェラトン


部屋のベランダから見えた夜景




ハワイ〜〜甥の泊まっているホテルのプールサイド

夜は甥夫婦と甥の友達と兄夫婦とワイキキストリートにあるシーフードレストランで夕食。町の中はクリスマスムードでいっぱい!!人もたくさん!!


ホテルのロビーにあったツリーとパイナップルジュース

地球 12月2日

今日は兄夫婦と市内観光観光に出掛けます。兄夫婦には初めてのハワイ、特に義姉は今回が初めての海外旅行です。


ハロナの潮吹き岩〜


ヌアヌ・パリの展望台から・・・天気が悪かったが虹が出ていた。


日本人ならお馴染みの・・・この木なんの木〜きになる木〜♪


ご存じカメハメハ大王

半日観光をして戻り少しお土産を見にがてらアラモアナショッピングセンターにお昼を食べに行って、夜は一日遅れて来た甥の友達2人を交えて鉄板焼きのお店「田中オブ東京」に行きました。私こういう鉄板焼きのお店初めてです。


地球12月3日

今日は甥の結婚式、場所はワイキキの反対にあるコオリナという所にある海に面した素敵な教会でのお式でした。甥達はリムジンで私達は花嫁さん側の方達とバスに乗って行きました。


教会の前で・・・お天気になって良かったね。


式が終わって・・・とても良いお式でした。


海岸に出てみんなで記念写真・・・この隣には海水浴の家族が居ました。

式の後はみなでハワイアンを聴きながらの会食、ワイキキに戻ったらお腹がいっぱいで夕食は食べられなかった。




美味しい食事でした。

翌日は何も予定がなかったので兄夫婦とイルカウオッチングに行こうとオプショナルツアーを申し込みに行ったらどれも満員で取れない・・・・義姉も風邪気味で調子悪そうなので兄たちはホテルにいるという事になり、私はホテルにいるのなんていやなので、何か無いかとパンフレットを見ていたら面白そうな「ジャングルツアー」が有ったので申し込んださすがにこのコースは空いていました。でも今回山に行くなんて思わなかったので靴がない!!あわててナイキタウンに行ったけどトレッキングの靴が余りなく、プーマーのお店で見つけて買うことが出来ました。あとデイパックを買って雨具は傘を持っていくことにして用意万端整です。

Part2に続く
ハワイ旅行 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする