旅物語

moguが訪ねた旅の記録です
<< 黒部ダム見学会とみくりが池温泉 | main | 高峰温泉 >>

中ノ湯温泉

思いがけず、中ノ湯温泉に泊まる事になりまた新しいスタンプ帳を作ってきました。ラッキー本来なら山日記に書くのですが今回は山にも登らなかったので旅ブログに書くことにしました。

聞くも涙語るも涙・・・でもないけどまぁ聞いてください。

この連休山の会で北アルプスの蝶ヶ岳に登る予定で1/11の夜行「ムーンライト信州」で松本まで行きました。連休の一日目お天気が悪いのは覚悟していたけど、平地では雨でも山は雪だろうし初日は横尾までなので中止にならずに出掛けたのですが・・・・明け方松本駅に着いたら雨、でも上高地に行けば雪だろうと思ってタクシーで釜トンネルの入り口まで行ったが土砂降りの雨・・・・だったら釜トンネルを抜けたら雪かな〜と思ってトンネルを登っていったらやっぱり上も雨困惑

釜トンネル入り口
釜トンネル入り口に着いたのが6:30、中ノ湯の売店はもう人がいた。

冬山装備なので雨具は持ってきていないし、ザックも大きいので傘も差せない。雨の中横尾まで行くとなるとヤッケを濡らすことになり、冬山で衣服を濡らすことは出来ないので釜トンネルの中でテントを張り雨が止むのを待つことになった。


釜トンホテル〜

連休なのでたくさんの人達が上高地に向かって釜トンネルを上っていくが、私達はそのまま・・・・やっぱり人数が多いので小回りがきかない。お昼になっても雨が止まず今日はこのまま釜トンネルに停滞することに決まった。雨は3時過ぎにはやんだ、この時間になっても何組かの人達が上高地を目指して登っていきました・・・あ〜あノーノーテントの中にいても腰が痛くなるので大正池方面に少しお散歩に行ってみた。




前方の明神岳に日が差して

明日の予定は上高地まで行ってお昼を食べ戻って撤収して帰るとのこと、せっかく来たのに〜で、私は中ノ湯にもう一泊して帰ろうと思いつき、誰か泊まる人がいないか聞いたら2人つき合ってくれることになりました。話は決まり早々と宴会モードに突入して何時頃寝たかもわかりませ〜ん。

翌日はお天気も回復して上高地散策に向かいます。前日の雨が凍っていて道路もガチガチ、スノーシューの出番はなくアイゼンを付けて歩いていきます。大正池までは除雪してありその先は踏み跡がしっかりと付いているので問題なく歩いて2時間少しで河童橋に到着〜西穂方面の雲は取れないけど、明神岳が綺麗に見えます。

2日目

大正池
大正池から

さて今回食担の私、2日目の夜に食べる予定のスープカレーをここで作りますが、小梨平に来ると風が冷たい!!温度をみたらなんと−10℃〜〜油断するとなんでも凍ってしまう。有りがたいことに小梨平はキャンプ地なのでかまど付きの炊事場か有ったのでそこで作り始めたが、待っている人達が寒い寒いと言うので急いで作った。本来ならテントの中でゆっくりと作るはずなのに・・・なんでこうなるの〜とグチっても仕方ない。ジャガイモもニンジンもまだ固かったかけどなんとか美味しくできてみんなに食べてもらえたので良かった。しかしまさかこんな寒い所で作ることになるとは・・・でもやれば出来るのねぇ(苦笑)

河童橋


河童橋からのお約束の景色


食べ終わったら元来た道を戻り釜トンホテルを撤収してトンネル出口にある中ノ湯の売店に戻り、ここで旅館に連絡をして貰い部屋を取って貰った。他の人達はジャンボタクシーを頼み帰る、私達3人は迎えの車で中ノ湯に向かい待望の温泉にゆっくりと浸かり美味しい食事を食べて翌の朝帰ったのでした。

中ノ湯
安房峠に登る途中に有る中ノ湯温泉、焼岳の登山口にもなっていた。


秘湯を守る会の提灯と部屋からの景色。夕食と朝食

今回は思いがけず中ノ湯に泊まれてまたスタンプ帳を貰った。蝶ヶ岳に登れなかったけど、私的にはこれはこれで良かったかな〜なんて思ってます(^^)ふふ
秘湯を守る会の温泉 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする