旅物語

moguが訪ねた旅の記録です
<< 6日目12/10(日)晴れ | main | 4日目12/8(金)曇り強風 >>

5日目12/9(土)晴れたり曇ったり時々雨

星 クイーンズタウン〜テ・アナウ・ダウンズ〜グレイドハウス
※歩行距離:1.6キロ

※コースタイム:トラック入り口15:15〜(15分)〜グレードハウス着15:30

いよいよミルフォードトラックに向けて出発です。持っていく荷物は通常の一泊小屋泊まりの装備でインナーシェラフを持っていくことにする。どういう物を持っていったらいいかとかは、ミルフォードを歩いたことのあるネット友達のハイジさん(ハイジさんのレポはこちら) に聞いたりして用意しました。小屋には洗濯するところとか乾燥室も有るというので、着替えも一泊分。それでも詰めてみたら結構な重さになった。最後に泊まるホテルに荷物を運んでくれるサービスも有るので友達は頼んでいたが私は頼まなかった。でも後から考えたらせっかくのサービスなんだから頼んでおけば良かったなぁ〜と思った。でも、なんでも行ってみないと判らないことが有るので仕方ない。

ホテルを出発
朝のワカティプ湖

ホテルを出て歩いて昨日の説明会場に向かいます。行くとバスがもうスタンバイしていてスタッフのミッキーちゃんから名札を貰う、これにはみんな名前が書かれていてスタッフの人はその名前で呼んでくれる。ここで、今回一緒に歩く人全部が揃うのですが、日本人以外の外国の人達が少ないまぁ日本のツアーが二組も入っているから・・・

出発
昨日、説明を受けたステーションから、このバスに乗って出発

バスに荷物を積んで9時45分テアナウに向けて出発〜途中1回のトイレ休憩をとって12時にテアナウ湖畔のホテルに到着。

お昼
お昼に食べたサンドイッチとテアナウ湖畔

ここでお昼を食べて集合写真を撮るのを待っていると、ミルフォードトラックを歩き終わって戻ってきたバスが到着。このバスで戻ってきたガイド2人がまた私達のグループに同行してくれる為、こちらに移動してきた日本人ガイドのヒサさんとケイトさんも入って全員で集合写真を撮る。そこで帰ってきた人に聞いたらその人達のグループ番号は35番、私達は39番。今ミルフォードには3組のグループが歩いていることが判った。ガイドウォークでは1日1グループミルフォードの場合はロッジが大きいので45名くらいは大丈夫のようです。

集合写真

テアナウのホテルを出発して、テアナウ湖の北端にあるミルフォードの出発点まで船に乗っていきます。船着き場に着くと駐車場があり車がたくさん駐まっている。大きなザックを背負った人達がいて一緒の船に乗ってきた。聞いたら個人ウォークの人達だそうです。

乗船
初めに個人ウォークの人達が乗船。

トラックには私達のようなガイドウォークで歩く人と、途中のハットと言われる自炊の山小屋に泊まる個人ウォークの人達もいるのです。出発地点は同じですが泊まる所はロッジより1時間先のハットに泊まるのです。良く出来ているシステムだと思う。船に乗船するときに靴を消毒液に漬けて乗り込む。

船長

船長さんが時々船を止めていろいろと説明してくれるのですが、英語だから判らない・・・でも、「クリスマスツリーがなんたらかんから」といっていてこの木に近寄っていった。稲村さんに聞いてみたら、この木に鳥がいるらしい。それにしてもテアナウ湖は広いなぁ〜出発から1時間で到着。

出発 地図
いよいよ出発〜右はこれから歩くミルフォードトラックの地図です。

トラックのはじまりの標識の前で写真を撮りいよいよ54キロのトレッキングのスタートです。ガイドしてくれる3人は先頭にヒサさん、真ん中くらいにケイトと最後にミッキーちゃんが付いてこれは最後の日まで変わりませんでした。

歩き始め
苔の森の中、歩きやすい道です。

グレードハウスに到着
あっという間にグレードハウスに到着。

歩き始めて20分で綺麗な川の畔に今日泊まる「グレードハウス」に到着。ロッジは全体的にモスグリーンで統一されていて回りの景色にとけ込んでいる。これは後に泊まるロッジ全部がそうでした。部屋は二段ベットが3台置いてあるので定員は6人、そこに私と友達と稲村さんとでゆったりと使えました。ロッジにはお金を出せば個室も有るみたい。小さな虫が飛んでいて何かなと思ったら、うわさに聞いていたあぶの一種サンドフライ・・・扉には網戸が付いているし部屋には虫除けスプレーが置いてあった。このサンドフライ、動いていると寄ってこないのだけど止まるとすぐに回りを飛び出す。刺されたら掻いちゃダメと言われてもやっぱり痒いので掻いてしまいます。

グレードハウス
グレードハウスの廊下とロッジの前の景色

ひと休みしてからネイチャーツアーで日本人ガイドのヒサさんが森を案内してくれた。NZのブナの種類(北半球のブナとは違う)ブナはビーチ、主な種類はシルバービーチ・ブラックビーチ・レッドビーチが有る。小屋の回りを一回りして戻り夕食です。

ネイチャーツアー
ネイチャーツアー、ガイドはヒサさん日本語で説明してくれるので助かる。

夕食の前になんといってもお酒ですよねぇ〜バーは17:30分にオープン。ここのシステムはお酒を頼んだら、自分の名札の名前を言ってチェックして貰う。翌朝、自分の飲んだ分を確認してサイン、何処のロッジでも同じで最後の日に精算する。今日はビール(ハイネケン)2杯と白ワインを飲みました〜夕食のメインは魚かお肉か選べるようになっていて前の日に選んで置く。ロッジには管理人が常駐していて、日本人の女の子が厨房でお手伝いしていた。

ロビーと食堂

夕食

夕食の後は自己紹介の時間、初めにアルパインツアーの人達が話し、ツアーコンダクターの人が通訳、私達も一緒で私達の他に3組の日本人の人達。日本人以外は、オーストラリアから来た2人組の女性でジョルディーンさんとダイアナさん。アメリカのサンフランシスコに住んでいるロスさん、それと少しびっくりしたのですがオーストリア人の男性3人組、外国人は必ず夫婦単位かと思っていたので。

自己紹介
左に居るのがアメリカ人のロスさん

ガイド
4日間お世話になるガイドさん、左からヒサ・ミッキー・ケイトの3人

最後に3人のガイドさん達が自己紹介して、その後はビデオで明日の行程と見所を教えてくれた。これはこの先夕食の後に必ずあった。日が長いので気がつきませんでしたが、ビデオが終わったのが9時近く、10時消灯なのでそれぞれ部屋に行き明日に備えます。

ニュージーランド旅行 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする